美術モデラー座談会 その1 私がカナバンにいる理由

他とは違う独特の表現をしているっていうのがやっぱり決め手

藤川

さて、では一番カナバン歴の長い宮崎さんから喋ってもらいましょうか。

宮崎

自分がカナバンに入った時は、CGといえば完全につるつるテカテカのCGばかりで、カナバンが唯一CGっぽくないものをやっていました。
その頃作っていたのは富岡さんの個人作品なんですけど、グラフィックデザインのような配色だったり、構成だったり、CGを使っていても何か他と違うなと。それが理由ですね。
ちょっと他とは違う事をやっている、というのがたぶん私が今もカナバンに居る理由かなと思っています。

あ、僕もそんな感じですね。
僕はもともと、デザインを勉強していて、絵本の挿絵みたいなイラストを描きたいなと思ってたんですが、映像も勉強して、就職先を見つけようという話になったときに偶然カナバンを見つけて、作風とか質感が、自分の好きな絵本とか手描きタッチのものだったので、「あぁ、これはやりたい」と思いました。

宮崎

そういえば、関君が入社したときってカナバンは何をやってたの?

ちょうど僕の入社と同時にマチコの1話の背景の制作が始まって、最初の仕事がマチコの部屋の小物の制作でした。

宮崎

入社早々ヘヴィな仕事だったね。

藤川

ある意味、1番楽しい時期な気もしますけど、実際はどうだったんですか?

質感の方向性だけは決まっていたけど、完全に決定してはいなかったというか。3、4回プロップス(小物)のテクスチャを描きなおしたりして、いまの感じにまとまりました。
そういう意味では大変でしたけど、入って早々、立ち上げの部分で関われたのはすごく勉強になりましたし、楽しかったですよ。

グッズなどで自社コンテンツの世界を幅広く展開しているのが魅力

藤川

瀧澤くんはなんでカナバンを選んだの?

瀧澤

やりたいことに直結している・・・ところですかね。

藤川

やりたいことっていうのは?

瀧澤

自分はオリジナルのグッズを作ったり、自分の世界を展開していきたいので大竹さんの手伝いをしたり、イベントでマチコのグッズをファンのみなさんへ売ったり、CG制作以外の面でもすごく勉強させてもらってます。
本業の美術の面でもしっかりご指導いただいて、自分の作品にも反映しています。
その両方を勉強することが、カナバンじゃないとできないことじゃないかなぁと。

藤川

たしかに、自社コンテンツでライセンシング事業もやっている会社って珍しいよね。

頑張ったら、頑張った分だけチャンスをもらえるのがすごく嬉しい

藤川

学ぶって意味では瀧澤君は結構すごいよね。

瀧澤君のマチコのテクスチャの合格率は異常ですよね。
覚えるのもめっちゃ早かったし。

藤川

それは確かに。ホントにちょっと異常な速度だった。

瀧澤

いや、でもマチコブログでも同じようなチェックバックをもらってしまったこともあるので、気を付けていきたいです。

藤川

瀧澤君が居なかったときのテクスチャチェックバック回数と、瀧澤君が入ってきてからを比べると、チェック通過までのスピードが尋常じゃないですよ。

2、3回で通りましたね…。
人によっては5、6回とかもよくありますし、レタッチも、ものすごく描き込んでチェックを戻しているものがあるんですが、瀧澤君のやつには、ほとんど描き足しとかはないです。

瀧澤

最初はけっこう大変でしたけど、なんとか慣れていかなきゃなと思って。
マチコはテクスチャの作り方が独特なので、苦手だって言う人が多いみたいですけど、自分はあのテクスチャルールが大好きなので面白いです。

藤川

そんな瀧澤くんだから11話からマチコのデザインも担当してもらうことになったんですよ。

瀧澤

ホント楽しみです。
いつかやりたいと思っていたんですが、まさか、1年目からやらせてもらえるとは思ってなかったので。すごく嬉しいです。

藤川

瀧澤くんが頑張って勝ち取った成果ですよ。

瀧澤

ありがとうございます。

自分を高めてくれるし、意見をちゃんと汲み取ってくれるから、ずっとここにいたい

藤川

さて、次は古部さんいきましょうか。

古部

そうですね。
まぁ、今まで皆さんが挙げてくれたことは自分もいいなと思っているところでして、他には自分がこう、人間的にダメだった部分が、カナバンに入ってからいろいろ鍛えられたなーっと思っていますね。
ちょっと昔はダメな人間だったなーと自分で思うんですが、カナバンに入ってなんか、そういう面が、社会人として足りなかった面が鍛えられて。
キツイこともいっぱいあったんですけど、カナバンに居続けて損をしたことはあまりないなと思って。
自分を高めてくれる仕事場だなと思います。

藤川

なんか色々あったみたいな言い方しますね…。辞めようとか思ったことは無いんですか?

古部

実は何度かあったりします。

藤川

否定してくれると思ったのに…。

古部

いやいや、そんな悪い意味じゃないですよ。
辞めたいなと思ったことがあるのは事実ですけど、でも、それってたぶん、カナバンじゃなくても結局一緒だと思うんですよ。
何も不満がない会社なんてないじゃないですか?
どんなにいい会社でも、居続けたら閉塞感とか感じて「もっとこうなればなー」とか思ったりする。
その点で、カナバンはとても風通しがよくて。
会社の不満とか、そういうものを意見するとちゃんと汲み取ってくれるんです。
だから、カナバンのみんなと会社を良くしていきたいっていう前向きな気持ちが湧いてきて、ずっとここで働きたいなって思うんですよね。

藤川

なるほど。
最後まで聞かないと誤解しそうになりますね。
実はとてもいいことを言っていたという。

古部

いやぁ、社員の意見をちゃんと汲み取ってくれる会社ってなかなかないと思いますよ。

藤川

社長との距離が近いってのもあるかもですね。
もともとクリエイターですし、決して現場の意見をないがしろにしないので。

古部

あと、『藤川の改新』のおかげですね。
以前よりぐっと良くなりました。
飲み会とか懇親会なんかも増えましたし。
風通しもすごくいいですし、面白いって思う仕事も増えました。
クリエイティブな意見とかも言いやすいですし。

藤川

まぁ、そう言っていただけるのはプロダクションマネージャーとしては嬉しい限りですが、なんか恥ずかしいですね。
これからも、みんなでもっと良くしていけたらいいなと思います。

とても自由でフレキシブルな現場なので、すごくやりやすい

藤川

じゃ、次、田中さんお願いします。
田中さんの場合、フリーランスですし、ちょっと他のみなさんと事情は違うかもですね。

田中

カナバンに来ることになった経緯は自分の場合、ちょっと特殊なので、伏せておきたいのですが、長くカナバンで働かせてもらっているのは「自由だから」ですかね。

藤川

自由っていうのは?

田中

なんかこう、暇があったらスキルアップの勉強をしていていいよ、って所とか。
すごくいいですよね。
前の会社なんかは隙あらば仕事を入れられてましたから…。

宮崎

私も仕事をしやすいから、というのはあるかなぁ。
私がフリーランスというのもあるけど、他の仕事したり、ロンドン行って帰ってきて仕事したりと、カナバンはかなりフレキシブルだからいいです。

藤川

そういえば、カナバンに来てくださっているフリーランスの方って1か月だけ休んで、また復帰とかってかなり多いですもんね。

宮崎

他の会社にはできないフレキシブルさなんですよ。
そういうのは私にとってはすごくありがたいかな。

田中

その辺の自由さは他の会社には無いですよね。

藤川

…えーっと、そろそろ突っ込みたいんですが、皆さん一体何をしてるんですか?

田中

(似顔絵を見せながら)これ描きました…。

藤川

…カナバンの面白いところは、隙があるとみんなラクガキを始めるとこですよね…。

宮崎

アニメーターとか、モデラーは仕方ない。

田中

そしてこの瞬間も関君なにか描いてるし。

(描いたものを見せながら)すみません、つい描いてしまうんですよね。

藤川

富岡さんですら会議中にラクガキしますからね…。

宮崎

みんな描きながら考えるスキルとかあるんじゃないですか。

藤川

いやぁ、意外にラクガキしている人のほうがたくさんアイディアを持ってたりしますから。それはそれでいいと思いますよ。
会議中に寝ないでくれれば、僕は別になにも言わないです。
ただ、外の会議では辞めてくださいね。