コンポジター座談会 その4 今後のカナバンについて

いろんなディレクターを立てて、いろんな色を出していきたい

三浦

また「ハムゴラ」みたいな短い期間のプロジェクトをできるといいなと思いますね。
以前、宮崎さんとも話していたんですけど、太田さんや南さんがディレクションをするプロジェクトとか、ディレクターによって色が出るような短期間のプロジェクトってまだまだあると思うので、そういうのができたらいいなと思っています。

太田

それ、三浦さんディレクターもあり得ますよね。

三浦

いや、私自身っていうのはあまり考えていないんですけど。

太田

あれ、そうなんですか。面白そうなのに。
いいのなぁと思いますけどね。

藤川

富岡さんも、なるべく社内のスタッフにそういうクリエイティブな部分を下ろしていこうっていう方向では動いているので、今後、そういうプロジェクトも増えていくと思いますよ。

三浦

同時に、富岡さんの新作も見たいです。

藤川

それはあるんですよね。
僕も個人的には富岡さん発信のものを何かやりたいというのはあります。

太田

藁谷さんはディレクションをガッツリやってくださいっていうのがあったら、やってもらえるんですかね?

藁谷

仕事でやるかどうかは別として、個人的にやりたい企画はいくつかあるんですよ。
ブラック企業をいっぱい見てきちゃったので、それをネタにブラック企業に勤めるコンビのマンガを作りたくて。

三浦

いいですね。

藁谷

ビットとバイトちゃんっていうキャラもすでに作ってあるんですよ。

三浦

もうできているんですか?

藤川

藁谷さんは、ほんといろいろやりますよね。

藁谷

バイタリティだけはあるんで。
オリジナルキャラは何かしらのかたちで、カナバンと絡めることがあったらいいなと思ってます。
自分で覚えた技術を使ってカナバンとコラボできるといいなと。
カナバンはそういう気持ちにさせてくれる会社なんですよね。
なんか、ほかの会社だと、別にそこのファミリーって感じはしないので。
「一緒になにかを作り上げよう!」って気にはならないんですよ。

太田

与えられた仕事をやれば、それでいいって感じですかね?

藁谷

そこまでではないかもしれませんが、「これは僕の仕事だから」、「こっちはこっちの仕事だから」みたいな感じでドライですよね。
カナバンは一緒になにかコラボすることがあってもいいなって気持ちになれる。
一緒にやると楽しそうって感じがするんです。

藤川

藁谷さん、ホントにカナバン大好きですよね。
ほんとにありがたい限りです。