設立

2004年 7月 20日

主な取引先

Viacom Networks Japan 株式会社 / 株式会社 電通 / 株式会社 アサツー ディ・ケイ
株式会社 ティー・ワイ・オー モンスター事業部 /  株式会社 AOI Pro. / 有限会社 グッドスマイルカンパニー
クリプトン・フューチャー・メディア 株式会社 / 株式会社 drawiz / 株式会社 ポリゴン・ピクチュアズ
サイレントフィルム 株式会社 / 株式会社 コスモマーチャンダイズィング / 株式会社 フロンティアワークス
(順不同・敬称略)

事業内容

  • フル3DCGアニメーション作品の
    制作・演出・脚本・美術設定

  • 映画、CFのCGパートの制作

  • ゲームムービーの制作

  • キャラクターデザイン・美術設計・世界観設計

  • 遊技機向けムービーの制作

  • オリジナルコンテンツの
    プロモーション・ ライセンシング事業

沿革

  • 1999

    CGデザイナー富岡聡の個人作品『SiNK』がテレビ朝日系列『D's Garage21』で取り上げられ注目を集める。
    その後、富岡聡が中心となりフリーランスのチームとしてミュージックビデオ、CF、ショートフィルムなどの制作を開始する。
    ユニークな世界観や演出で国内外で評価を得る。

  • 2002

    これまでの映像制作に加え、ゲームや遊技機といったエンターテインメントコンテンツ向けの映像制作を開始する。

  • 2004

    有限会社カナバングラフィックスとして法人化。
    法人化に伴い、拠点を中野区中央に移転。
    CF、映画、ゲームなど様々なジャンルにおいて3DCGアニメーションの制作を行う。
    企画や演出、美術設計など初期の段階から案件に関わるようになり、よりクリエイティブな方面へも業務の幅を拡大する。
    こうした取り組みが現在のカナバングラフィックスのワークスタイルの基礎となっていく。

  • 2006

    富岡聡と宮崎あぐりが中心となり、自社で企画・演出・制作を行った『ウサビッチ』の配信が開始される。

  • 2007

    Youtubeなど当時の革新的なメディアの波に乗り、『ウサビッチ』が爆発的に広がり、国内外でスマッシュヒットを記録する。
    同作はカナバングラフィックス初の長期シリーズアニメーションとなる。

  • 2009

    オリジナルコンテンツ『やんやんマチコ』を自社配信にて発表。

  • 2010

    『やんやんマチコ』を自社でプロモーション・ライセンシングを行う事業を展開。
    『CGプロダクション自らがコンテンツを生み出す』という新しいビジネスモデルの第1歩を踏み出す。
    事業拡大に伴い、拠点を中野区本町に移転。

  • 2014

    カナバングラフィックス設立10周年の節目を迎え、新企画を進行中。

主な受賞歴

  • 1999
    • ・通産省マルチメディアコンテスト
       新人賞 銀の翼賞
    • ・SGI GAGA & Creek&River 賞
    • ・Skip City 映像コンテスト 優秀賞
    • ・Wavy Award 入賞
  • 2000
    • ・通産省マルチメディアコンテスト
       エンターテイメント賞
    • ・シーグラフ 入選
    • ・カンヌ映画祭 推薦上映
  • 2002
    • ・文化庁メディア芸術祭 優秀賞
  • 2006
    • ・Cartoons on the Bay 06
    • ・Prix Ars 06
    • ・Anima Mundi 06
    • ・カナダ・オタワ国際アニメーション
       フェスティバル入選
    • ・文化庁メディア芸術祭 入選
  • 2007
    • ・Rushes 07
    • ・カナダ・オタワ国際アニメーション
       フェスティバル入選
    • ・文化庁メディア芸術祭 入選
    • ・イタリア・ミラノ国際映画祭 入選
    • ・Ars Electronica Animation Festival
    • ・Atlantic Film Festival
    • ・Seoul International
       Cartoon & Animation Festival
  • 2008
    • ・フランス・アヌシー国際アニメーション
       フェスティバル 入選
    • ・Anima Mundi 08
    • ・フランス・Clermont-Ferrand Short F