カナバングラフィックス代表・ディレクター

富岡 聡Satoshi Tomioka

1997年に株式会社Dream Pictures Studioに3DCGデザイナーとして入社。
1999年からフリーランスのデザイナーとして活動を始め、同年に個人制作の初のオリジナルアニメーション『SiNK』を発表する。2004年に有限会社カナバングラフィックスを設立し、ゲームムービー、ショートフィルム、コマーシャルフィルム、映画など様々なジャンルのCGアニメーションを手掛ける。2006年から『ウサビッチ』の監督、脚本、絵コンテを手掛け続け現在に至る。キャラクターのユニークな演出を得意としている。

CGディレクター

太田 洋康Hiroyasu Ohta

2001年学生時代よりフリーランスとして富岡聡の制作チームに参加。
富岡チームをメインに2004年までフリーで活動し、カナバングラフィックス設立と共に入社、現在に至る。近年は主にディレクション、レンダリング、コンポジットまわりを担当。

アートディレクター

宮崎 あぐりAguri Miyazaki

フリーランスで活動するアートディレクター兼デザイナー。2003年、カナバングラフィックスの母体となる制作チームに参加。3DCG制作・グラフィックデザインなどを担当。2004年、カナバングラフィックス設立に参加。『ウサビッチ』の原作・キャラクターデザイン・美術設定を担当する。個性的な絵柄で、キャラクターデザイン、ロゴ、グラフィックデザインやコンセプトアートまで幅広く制作している。